医療法人社団桂仁会 桂仁会クリニック

医療法人開設20年 ご予約・ご相談・お問い合わせ 022-797-2300

マガジンMagazine

2020/02/14 (Fri)

多汗症でお困りの方、必見!汗の基礎知識

汗をかくことは大切なことですが、だらだらと汗をかいてメイクが崩れたり、汗が洋服ににじんで恥ずかしい思いをするのは嫌ですよね!

気温がそれほど高くなく、しかも激しい運動をしたわけでもないのに、大量の汗をかいてしまう症状を「多汗症」といいます。汗の量でお困りの方は、この多汗症の可能性があるのです。

そこで今回は、汗を必要以上にかいてしまう多汗症の基礎知識についてご紹介します。「私は多汗症かもしれない…」と思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

多汗症の種類

通常、汗は暑さを感じた時や運動した時に、体温調節として体から流れます。これを、温熱性発汗といいます。
しかし、多汗症は、精神的に緊張したり、興奮することで、異常な量の汗が出るのです。この多汗症の汗は、精神的発汗と呼ばれます。多汗症には、局所性多汗症と全身性多汗症の二つがあり、それぞれ特徴や症状が異なります。

局所性多汗症について

局所性多汗症は、体の局所にだけ大量に汗をかく症状のことを言います。多汗症の患者様の約9割がこの種類で、特定の部分にだけ汗が出る症状に困らされているのです。
局所性多汗症は、足の裏や手のひら、脇の下、額、顔、頭、背中などのパーツに汗をかくことが多いです。また、1か所だけではなく2~3か所同時に汗をかく場合もあります。
そして、手のひらの多汗症である手掌多汗症と足の裏の多汗症の足蹠多汗症は深い関係があるとされており、この二つは同時に発刊しているケースがあるのです。そのため、この場合は手掌足蹠多汗症といいます。
局所性多汗症は交感神経の反応が敏感だとなりやすいと言われていますが、体の機能を調節する自律神経の異常が原因になっている場合もあります。局所性多汗症の原因は、まだはっきりとされていないのです。

全身性多汗症について

全身性多汗症は、背中やおなか、胸元、お尻、太ももなど全身に汗が出る症状を言います。全身性多汗症は遺伝などの生まれつきによって起こる場合や、ほかの病気によって引き起こされる場合もあります。しかし、この全身性多汗症もはっきりとした原因はわかっていないのです。
全身性多汗症と関係がある病気は以下の通りです。
  • 更年期障害
  • 自律神経失調症
  • 結核
  • 甲状腺機能亢進症
  • 糖尿病
  • 褐色細胞腫

多汗症のレベル(手掌多汗症の場合)

同じ多汗症でも、人によって汗の量が異なります。自分の多汗症のレベルがどのくらいなのかを知ることも、必要でしょう。多汗症の治療に取り組む際の目安にもなります。
手のひらに汗をかく手掌多汗症の場合は、発汗量によってそのレベルを3段階に分けることができます。数字が大きいほど多汗症の症状がひどいことを表します。手掌多汗症のレベルの基準は以下の通りです。
  • レベル1:手のひらが湿っている程度です。見た目はわかりにくいのですが、触ると汗ばんでいるのがわかります。汗の水滴ができるほどではないのですが、光を反射して汗がキラキラと光っています。
  • レベル2:汗で水滴ができているのが見ただけではっきりとわかります。汗で濡れている状態ですが、汗が流れるところまではいきません。
  • レベル3:汗の水滴ができて、手のひらからしたたり落ちます。

多汗症自己診断チェック表

多汗症と単なる汗っかきは、汗をかきやすいという点でよく似ているのですが、多汗症の場合は暑かったり、運動をしていなくても、多量の汗をかくという特徴があります。
自分では多汗症なのか判断できない、という方も少なくないでしょう。そんな方は、多汗症の自己診断チェック表で確認してみることがおすすめです。
  • 1週間に一度は大量の汗をかく
  • 汗をかくことで日常生活に支障をきたしたことがある
  • 汗をよくかくほうだと気づいたのは、25歳より前である
  • 寝ているときは、気になるほどの汗をかかない
  • 家族や親せきなどに多汗症と思われる症状の方がいる
  • 両脇、両手のひら、両足の裏などのように、左右対称に同等の汗をかく
いかがだったでしょうか。
チェック表に2つ以上当てはまるものがあれば、あなたは多汗症の可能性があります。

多汗症を治すには?

日常生活に支障をきたすくらい汗をかいてしまうのは問題ですよね。多汗症の中でも、脇汗に多量の汗をかく局所性多汗症にお悩みなら、クリニックで治療することができます。
おすすめなのは、脇汗だけではなくわきがなどの嫌なにおいも改善が見込めるミラドライです。ここからは、ミラドライについて詳しくご紹介します。

ミラドライについて

ミラドライは、脇の汗の治療において厚生労働省の認可を受けた機械を用いた治療法です。また、ミラドライが開発されたアメリカでもFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けています。

ミラドライのメカニズム

ミラドライは、電子レンジなどに使われているマイクロウェーブという電磁波を使って脇汗の治療を行います。
マイクロウェーブを患部に照射すると、極性分子である水分が選択的に吸収されて高熱化するので、水分を多く含んでいる汗腺を適切に処理することができるのです。

ミラドライのメリット

ミラドライは、皮膚を切開することなく多汗症やわきがを治療することができる画期的な治療法です。ミラドライには多くのメリットがあるのです。
  • 皮膚に傷をつくらない
  • 長期間の効果が期待できる
  • 汗にもにおいにも有効な治療法
  • 短時間での治療が可能
  • ダウンタイムが少ない

ミラドライの麻酔法が改善されたこともあり、現在では、より高いエネルギーでミラドライによる治療を行うことができるようになっています。
皮膚に傷跡を残さずに高い効果が期待できるミラドライ治療に興味を持たれた方は、桂仁会クリニックにお問合せ下さい。

【未成年の方へ】

未成年の方が治療、施術を申込の際には、親権者の同意が必要になります。
下記リンクをクリックして同意書をプリントして頂き、漏れなく記入・ご捺印の上、来院時にご提出をお願い致します。
※治療、施術の内容によっては、親権者(法定代理人)の同伴が必要となります。
※プリントアウトできない場合は同じ内容を記入したものをご持参ください。

同意書
ページトップへ戻る